Archive for the ‘通信教育の正しい選び方’ Category

「サンプル提供の有無」の重要性

2014-05-29

通信教育は「受講前に自分自身で確認」が基本

 さて、これまで社会保険労務士試験対策の通信教育について、“正しい選び方のポイント”をあれこれご紹介してまいりましたが、最終的な判断材料となるのは「アナタ自身の目、耳」に他なりません。
これから実際に学習を進めていく受講生自身が、内容に納得できるかどうかが重要。
せっかく「社会保険労務士試験に挑戦するぞ!」と意気込んでも、いざ通信教育が送付されてきた段階で「こんなはずではなかった」「イメージと違った」というのでは、資格受験への熱意もたちまち冷めてしまうでしょう。

 社会保険労務士通信教育の中には、「サンプル教材」が提供される講座もいくつかありますから、そういったものを実際に確認した上で、本当に“良い”と思える教材を選ぶようにしましょう。

サンプル教材サンプルの提供がある社会保険労務士通信教育は、クオリティに自信がある証拠。


そのため、サンプルがあるかどうかに注目すると、選択肢が必然的に“良質な講座”に絞られてくると言えると思います。
サンプルが送付される講座以外にも、ネット上でお試しの教材や講義を公開している通信教育もありますから、そういったものを比較してみると良いでしょう。

 一方、社会保険労務士通信教育の中には「サンプルを公開していない」ものもあります。
教材が届くまではブラックボックス、となりますから、受講生としてはそういった講座は少し心配になってしまいますね。

 社会保険労務士試験は、通信教育選びによって合否が大きく左右される資格試験です。
「何となく」で選ぶのではなく、「自信を持って」決めた講座で合格を目指しましょう!

19fa6e1892001e5ec46584c28d05d36c_m次章では、これまでご紹介してきた「社会保険労務士通信教育の選び方」の観点から、
管理人オススメの講座ベスト3を発表します。講座選びの参考にしてみて下さいね!

やる気を支える“サポート体制の充実度”に注目

2014-05-29

ポイントは「対応の早さ」

 社会保険労務士通信教育で、「質問応対」などのサポートを提供している講座はいくつもありますが、やはりサポートについては充実度の観点から言えば、講座によってかなり差があるといった感は否めません。
ネットのクチコミでは、社会保険労務士試験に通信教育で挑戦した方のお声がいくつも挙げられていますが、「質問応対サービスはなかなか返信がない」「回答の内容に満足できない」など、講座によってはかえってサービスがマイナスポイントになってしまっているものもあるようです。
 
サポート社会保険労務士試験対策の通信教育で重視すべき“サポート体制の充実度”を
受講前に把握するためには、この3点を確認しましょう。


■内容的にバラエティ豊かであるか
→ サポートとして、質問応対や情報提供、グッズの送付などがあるかどうか
  「教材だけ送りつけて終わり」という講座も稀にあります
  HPなどでチェックしておきましょう
 
■対応がスムーズであるか
→ 質問応対や相談サービスへの回答は迅速かどうか
  この点は、受講前の対応スピードなどである程度把握できますね

■対応の内容が良いかどうか
→ せっかくやり取りがスムーズでも、丁寧さや親切さが感じられなければ意味がありません
  受講前には、この観点からもぜひ確認しておきましょう


受講前には通信教育の内容をしっかり公式HPを確認し、少しでも不明な点があれば相手先に確認。
個人的な経験上、問い合わせの際の対応が、そのままサービスの充実ぶりに反映されているケースはかなり多いと言えます。

自宅でも集中できるハイビジョン通信専用講義

2014-05-29

通信講座でも講師&講義が大切

19fa6e1892001e5ec46584c28d05d36c_m社会保険労務士対策の通信教育は巷にいくつもありますが、「講義の質」という観点で言えば良質な講座はかなり限られています。


「通信教育なのに講義?」と思われるかもしれませんが、最近では通信といえども講義付が当たり前。WEBやDVD、CDなどで、講師による解説が受けられるものが充実しています。

ただ、いくつかの社会保険労務士対策通信教育の講義をチェックしたところ、クオリティ面でイマイチなものというのもたくさんあります。
例えば、「画質が悪い」「見やすく収録されていない」「教室講義を録画しただけで、通信教育仕様になっていない」「講師の語り口調にクセがある」など、講座によってはいくつかの問題点があるようです。
また、そもそも「講義が付いていない」ケースもあり、そういったものは当然論外となります。


 社会保険労務士試験対策の通信教育を検討する場合、特に注目して頂きたいのが
「DVD解説講義付がどうか」です。CD講義で耳から聴いているだけでは、なかなか集中が続かないものです。また、WEBを活用しての講義視聴は、トラブルの報告が目立ちます。
DVD講義の場合、講師の姿を生で見ながら授業を受けられるので飽きませんし、通信専用に編集されたものであれば要点が分かりやすいように画像が加工されています。
学習効率を挙げるためには、断然オススメであると言えるわけです。

 さらに、モチベーションUPのために「画質」にもぜひこだわってみてください。
社会保険労務士通信教育の中には“ハイビジョン”をアピールしている講座もありますから、そういったものを試し、クオリティの高さを実感されると良いでしょう。

 そしてもちろん、忘れてはならないのが「講義自体の質」
丁寧で分かりやすい解説かどうか、聞きやすい声で明瞭に話しているかどうかなどが決め手となります。サンプル教材を視聴できるものを中心に、実際に目で見て、耳で聞いて、納得のいく社会保険労務士通信教育を選ぶのが得策です。

キーワードは“フルカラー”“図表&イラスト入り”

2014-05-29

「詳細かどうか」よりも「出題ポイントが分かりやすいか」がカギ

 これまでは、社会保険労務士試験対策に通信教育がオススメの理由をいくつかご紹介してまいりました。しかしながら、どの通信教育も対策に有効なのかといえば、必ずしもそうではありません。

社会保険労務士試験対策の通信教育をネットで検索すると、それぞれの講座には特徴があることが分かります。そして、それらの中には“良いもの”“悪いもの”が確実に存在するのも事実です。
冒頭でもお伝えしたとおり、「社会保険労務士試験は講座選びで合否が決まる試験」です。
良い通信教育を見極め、講座を正しく選べる「目」が重要になってくるのです。

19fa6e1892001e5ec46584c28d05d36c_m合格に直結する社会保険労務士通信教育のポイントのひとつに「テキスト」があります。


テキストは、「出題ポイントが明確になっている」ものがオススメ。
ゴチャゴチャと説明ばかりが並び、一体どこがキーワードなのか分からないようなものは選ぶべきではありません。
また、「見やすいページ展開であるかどうか」も重要視すべき点のひとつです。
社会保険労務士通信教育の場合、明らかに難しそうな印象のモノクロテキストを見かけることも多いのですが、これでは「勉強したぞ!」という気分なれても、実際にキーワードが頭に残っているかといえばおそらくそうではないでしょう。

オススメなのは、「フルカラーテキスト」を提供してくれる社会保険労務士通信教育。
見た目に記憶に残りやすく、しかも明るいページ展開がモチベーションをアップさせてくれるでしょう。
加えて、「図表やイラストがふんだんに掲載されている」という観点も大切です。
社会保険労務士の試験範囲には、かなり難解な用語や制度の理解も含まれていますから、これらを効率良く学ぶためには文字情報だけでは不十分であると言えます。
初学者であれば特に、この点は重要になってきます。

 社会保険労務士試験対策の通信教育は、ぜひ「テキストの中身」に注目してみましょう。
いくつかの講座を比較してみると、一番違いがはっきりと表れるポイントです!

Copyright(c) 2014 挑戦!社会保険労務士試験 通信教育で合格一直線 All Rights Reserved.