難関の理由は「科目基準点」にあり

2014-09-10

広く、満遍なく知識を習得するのが難しい

 さて、すでにご紹介したとおり、社会保険労務士試験は難易度の高い試験であるとはいえ、一つひとつの設問に注目してみると比較的スタンダードな、基本問題が主に出題されていると言えます。
しかしながら、なぜ社会保険労務士試験の難易度がここまで話題に挙がっているのかといえば、そこにはこの試験特有の「合格しにくさ」があるといっても過言ではありません。

 社会保険労務士試験の場合、択一式、選択式ともに総得点のみならず、各科目で一定の基準点(原則、択一なら4点以上、選択なら3点以上)をクリアしなければ合格することは出来ません
もちろん、問題によっては救済措置がとられるため、これらの原則となる点数から若干下がってしまってもOKというケースもあるのですが、それにしてもこの基準点を満遍なく確保するのが非常に難儀であると言えます。

よく社会保険労務士試験の難易度と引き合いに出されるのが行政書士試験ですが、こちらについては法令等科目と一般常識の別でラインが分かれてはいても、細かな科目基準点という設定はありません。
また、社会保険労務士試験とのダブルライセンスで人気のFP(ファイナンシャルプランナー)についても、基準は総得点のみとなっています。
こうした形式の場合、仮にある特定科目が足を引っ張ってしまったとしても、得意科目でカバーすることが可能となるため、合格は目指しやすいと言えます。
一方、社会保険労務士試験の場合には、“苦手科目の克服”が他資格以上に重要となるため、
受験者は対策にひと苦労、というわけです。

>>社労士試験に6ヶ月でパスする勉強法とは?
Copyright(c) 2014 挑戦!社会保険労務士試験 通信教育で合格一直線 All Rights Reserved.