自宅でも集中できるハイビジョン通信専用講義

2014-05-29

通信講座でも講師&講義が大切

19fa6e1892001e5ec46584c28d05d36c_m社会保険労務士対策の通信教育は巷にいくつもありますが、「講義の質」という観点で言えば良質な講座はかなり限られています。


「通信教育なのに講義?」と思われるかもしれませんが、最近では通信といえども講義付が当たり前。WEBやDVD、CDなどで、講師による解説が受けられるものが充実しています。

ただ、いくつかの社会保険労務士対策通信教育の講義をチェックしたところ、クオリティ面でイマイチなものというのもたくさんあります。
例えば、「画質が悪い」「見やすく収録されていない」「教室講義を録画しただけで、通信教育仕様になっていない」「講師の語り口調にクセがある」など、講座によってはいくつかの問題点があるようです。
また、そもそも「講義が付いていない」ケースもあり、そういったものは当然論外となります。


 社会保険労務士試験対策の通信教育を検討する場合、特に注目して頂きたいのが
「DVD解説講義付がどうか」です。CD講義で耳から聴いているだけでは、なかなか集中が続かないものです。また、WEBを活用しての講義視聴は、トラブルの報告が目立ちます。
DVD講義の場合、講師の姿を生で見ながら授業を受けられるので飽きませんし、通信専用に編集されたものであれば要点が分かりやすいように画像が加工されています。
学習効率を挙げるためには、断然オススメであると言えるわけです。

 さらに、モチベーションUPのために「画質」にもぜひこだわってみてください。
社会保険労務士通信教育の中には“ハイビジョン”をアピールしている講座もありますから、そういったものを試し、クオリティの高さを実感されると良いでしょう。

 そしてもちろん、忘れてはならないのが「講義自体の質」
丁寧で分かりやすい解説かどうか、聞きやすい声で明瞭に話しているかどうかなどが決め手となります。サンプル教材を視聴できるものを中心に、実際に目で見て、耳で聞いて、納得のいく社会保険労務士通信教育を選ぶのが得策です。

>>社労士試験に6ヶ月でパスする勉強法とは?
Copyright(c) 2014 挑戦!社会保険労務士試験 通信教育で合格一直線 All Rights Reserved.