実務未経験者ほど有利な理由

2014-09-10

「思い込みなく、すんなり知識が入る」という点で強い

 これまで、社会保険労務士試験の難易度の高さについて、その要因を様々考えてまいりましたが、そうは言っても、一方ではこの試験の合格者に「実務未経験」「初学者」が多いのも確かです。
実際に受験生の話を聞くと、場合によっては実務経験があるような方でも何年も悔し涙を流しているようで、必ずしも“経験=試験の知識”ではないことは明確であると言えるでしょう。

 それでは、なぜ社会保険労務士試験のような難易度の高い資格であっても、全くの素人が合格出来てしまうのでしょうか?
これを説明するためには、“吸収力”というキーワードが重要になってまいります
実務経験もなく、法に関する知識もないような方の場合、まっさらな状態から知識を得ていくことになります。受験対策を通じてベースとなる知識をイチから作り上げていくことになりますが、このような場合、どうしても法の理解に苦しむ受験生が出てくる一方で、目ざましい力を発揮する受験生というのが現れます。
実際に受験指導の現場に立つと、まさにスポンジが水を吸収するようにぐんぐん知識を習得していってしまう生徒さんに出会うんです。こういう人が、いつの間にか長期受験生を追い抜いて、一度の挑戦で合格を決めてしまいます。

 もちろん、しっかりと実務経験を積んでから着実に受験対策を積み上げて合格する、という方も多いのですが、経験があるからといって皆が皆、上手くいくわけではありません。
長年の経験が邪魔をしてどうしても法解釈についての思い込みが拭い去れなかったり、「自分は実務に携わってきたから」という自信が過信となってしまい上手くいかなかったりと、敗因は様々ですが、ひとえに“経験があるが故の不合格”というのも多いものです。

社会保険労務士試験は難易度の高い試験ですから、経験があろうとなかろうと、しっかりとそれ専用の対策をしなければ合格は難しいと言えるでしょう。
そういった意味では、何のバックグラウンドのない素人さんの方が、場合によってはスムーズに受験生活をパスしてしまうことも珍しくないのです。

>>社労士試験に6ヶ月でパスする勉強法とは?
Copyright(c) 2014 挑戦!社会保険労務士試験 通信教育で合格一直線 All Rights Reserved.