キーワードは“フルカラー”“図表&イラスト入り”

2014-05-29

「詳細かどうか」よりも「出題ポイントが分かりやすいか」がカギ

 これまでは、社会保険労務士試験対策に通信教育がオススメの理由をいくつかご紹介してまいりました。しかしながら、どの通信教育も対策に有効なのかといえば、必ずしもそうではありません。

社会保険労務士試験対策の通信教育をネットで検索すると、それぞれの講座には特徴があることが分かります。そして、それらの中には“良いもの”“悪いもの”が確実に存在するのも事実です。
冒頭でもお伝えしたとおり、「社会保険労務士試験は講座選びで合否が決まる試験」です。
良い通信教育を見極め、講座を正しく選べる「目」が重要になってくるのです。

19fa6e1892001e5ec46584c28d05d36c_m合格に直結する社会保険労務士通信教育のポイントのひとつに「テキスト」があります。


テキストは、「出題ポイントが明確になっている」ものがオススメ。
ゴチャゴチャと説明ばかりが並び、一体どこがキーワードなのか分からないようなものは選ぶべきではありません。
また、「見やすいページ展開であるかどうか」も重要視すべき点のひとつです。
社会保険労務士通信教育の場合、明らかに難しそうな印象のモノクロテキストを見かけることも多いのですが、これでは「勉強したぞ!」という気分なれても、実際にキーワードが頭に残っているかといえばおそらくそうではないでしょう。

オススメなのは、「フルカラーテキスト」を提供してくれる社会保険労務士通信教育。
見た目に記憶に残りやすく、しかも明るいページ展開がモチベーションをアップさせてくれるでしょう。
加えて、「図表やイラストがふんだんに掲載されている」という観点も大切です。
社会保険労務士の試験範囲には、かなり難解な用語や制度の理解も含まれていますから、これらを効率良く学ぶためには文字情報だけでは不十分であると言えます。
初学者であれば特に、この点は重要になってきます。

 社会保険労務士試験対策の通信教育は、ぜひ「テキストの中身」に注目してみましょう。
いくつかの講座を比較してみると、一番違いがはっきりと表れるポイントです!

>>社労士試験に6ヶ月でパスする勉強法とは?
Copyright(c) 2014 挑戦!社会保険労務士試験 通信教育で合格一直線 All Rights Reserved.