やる気を支える“サポート体制の充実度”に注目

2014-05-29

ポイントは「対応の早さ」

 社会保険労務士通信教育で、「質問応対」などのサポートを提供している講座はいくつもありますが、やはりサポートについては充実度の観点から言えば、講座によってかなり差があるといった感は否めません。
ネットのクチコミでは、社会保険労務士試験に通信教育で挑戦した方のお声がいくつも挙げられていますが、「質問応対サービスはなかなか返信がない」「回答の内容に満足できない」など、講座によってはかえってサービスがマイナスポイントになってしまっているものもあるようです。
 
サポート社会保険労務士試験対策の通信教育で重視すべき“サポート体制の充実度”を
受講前に把握するためには、この3点を確認しましょう。


■内容的にバラエティ豊かであるか
→ サポートとして、質問応対や情報提供、グッズの送付などがあるかどうか
  「教材だけ送りつけて終わり」という講座も稀にあります
  HPなどでチェックしておきましょう
 
■対応がスムーズであるか
→ 質問応対や相談サービスへの回答は迅速かどうか
  この点は、受講前の対応スピードなどである程度把握できますね

■対応の内容が良いかどうか
→ せっかくやり取りがスムーズでも、丁寧さや親切さが感じられなければ意味がありません
  受講前には、この観点からもぜひ確認しておきましょう


受講前には通信教育の内容をしっかり公式HPを確認し、少しでも不明な点があれば相手先に確認。
個人的な経験上、問い合わせの際の対応が、そのままサービスの充実ぶりに反映されているケースはかなり多いと言えます。

>>社労士試験に6ヶ月でパスする勉強法とは?
Copyright(c) 2014 挑戦!社会保険労務士試験 通信教育で合格一直線 All Rights Reserved.