やりがちだけど非常に無意味な「他資格との難易度比較」

2014-09-10

受験資格や受験者の質が異なるので、比較すること自体が難しい

 社会保険労務士試験の難易度の程度を把握する上で、よく引き合いに出されるのが
“法律系の他資格”です。とりわけ行政書士はその代表格で、受験生の間でも、
「これから目指すなら、社会保険労務士と行政書士のどちらが良いか(合格しやすいか)」
といった議論は頻繁にされているようです。
また、予備校などが資格ランキングを出していたりすることもあり、こうしたものの位置づけの中で社会保険労務士試験の難易度が把握されるケースもあるでしょう。

 他資格との比較、というのは一見すると分かりやすそうな印象ですが、実は
あまり意味を成さないことが多い
ものです。
例えば、単純に合格率だけを比較したとしても、それぞれの試験における受験資格の有無によって、受験者のレベルは変わってきます
比較的緩やかな条件のみで受験可能な試験には人が集まりやすく、一方でしっかり要件を設けているような試験の場合には、当然少数でもハイレベルな戦いが想定されることになるのです。
この場合、社会保険労務士試験は前者のパターンですから、学歴や実務経験でより厳しい受験資格を設ける税理士試験との比較はそれ自体、おかしいことになります。
もちろん、誰でも受験可能な行政書士試験と比較した場合にも、合格率だけを見て単純に
社会保険労務士試験の難易度をはかることは出来ません。

 また、それぞれの資格試験においては課される科目自体が大きく異なりますから、なおさら比べても意味がないことになります。
科目への向き不向きは個々によって大きく変わる要素です。難易度の低いとされる試験であっても苦手科目の割合が高ければ難しいですし、逆に、簡単には合格できないとされる試験であっても得意科目を活かして一発合格、ということだってあります。
こうした背景まで加味すると、資格ランキング自体が個々人によって変わってくることになってしまいます。

 せっかく資格に挑戦するのであれば、合格しやすいものを確実に取得していきたい。
これは皆さんが思うことかもしれませんが、残念ながらアナタにとって「合格しやすい」を示す情報は、巷に転がっているものではありません。
だとしたら、やはり自分が本当に取りたい資格に向かってひたむきに努力していくのが、一番理に叶っているような気がしませんか?

“社会保険労務士試験よりも難易度が低くて、仕事に活かせそうな資格”を探すのは
もうやめましょう。この資格に注目した自分を信じて、頑張っていきましょう。

>>社労士試験に6ヶ月でパスする勉強法とは?
Copyright(c) 2014 挑戦!社会保険労務士試験 通信教育で合格一直線 All Rights Reserved.